2016年08月14日

予想 「ネイト・ディアス VS コナー・マクレガー」 UFC 202




ウェルター級 ワン・マッチ 5分5R
「(2.080)ネイト・ディアス VS コナー・マクレガー(1.826)」(8/11時点 オッズ)


1.背景、注目点

  2015年12月。10年間無敗のジョゼ・アルドをわずか13秒で切って落としたコナー・マクレガー。
  その3ヵ月後、当時のライト級王者であるハファエル・ドス・アンジョスを相手に早くも2階級制覇宣言をぶち上げる。

  王者アンジョスはこの防衛戦の2週間ほど前に怪我で欠場を発表。
  このイベントの顔の一人であったマクレガーの欠場は許されない。代役の白羽の矢はシーザー・グレイシー・ジムの悪童、ネイト・ディアスへ立った。
・・・続きを読む
posted by nao_mma_ymt at 16:13 | Comment(0) | 勝敗予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月06日

全カード予想 UFC Fight Night 92 「ロドリゲス VS カセレス」大会


明日8月7日(日)に行われるUFC Fight Night 92 「ロドリゲス VS カセレス」大会の全試合予想です。

オッズは8/5時点のもの。


第12試合 バンタム級

(1.369)ヤイール・ロドリゲス VS アレックス・カセレス(3.350)


  身長は23歳急成長中のロドリゲスだが、リーチはサウスポーのカセレス。

  両者派手な打撃を得意としているが、加えてカセレスは柔術も好む。
  フッカー戦などを見る限りロドリゲスはグラウンドでも十分に戦える印象、カセレスはトップを取りたいところだろう。しかしロドリゲスは腰も強い。
・・・続きを読む
posted by nao_mma_ymt at 12:59 | Comment(0) | 勝敗予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月07日

予想 UFC 200 「コーミエ VS ジョーンズ 2」大会


日本時間、7月10日(日)に行われるUFC 200 「コーミエ VS ジョーンズ 2」大会の勝敗予想です。

この試合に関してもUFN90、TUF23に続きJuke氏とポッドキャストでトーク予想を公開する予定です。公開されたらこちらのブログにてご案内しますが、先にパウンド・アウトの勝敗予想を。

・・・続きを読む
posted by nao_mma_ymt at 13:12 | Comment(2) | 勝敗予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月04日

大予想トーク UFC Fight Night 90 「ドス・アジョンジョス VS アルバレス」大会



  日本時間7月8日(金)に行われるUFC Fight Night 90「ドス・アンジョス VS アルバレス」大会の全試合予想です。

  今回は特別企画で、ポッドキャスト(≒ダウンロード配信型ラジオ)でFight Week MMAというコンテンツを配信しているJukeさんと一緒に、パウンド・アウトのnaoが100分の大トークを行いました。今回光栄にもゲストとしてJukeさんの番組にお招きいただき、心から楽しく収録に参加させていただきました。

  Jukeさんはインプットしている情報の質と量が圧倒的に良く、ベッティングも私なんかより倍以上長くやってらっしゃる方。メインはもちろん特にアンダーカード予想は必聴。リスナーを代表する気持ちでインタビュアーばりに多くの質問を投げさせて頂きました。

  これほど詳細な情報と予想を事前に聞けたら、アンダーカードの試合観戦自体かなり楽しくなると思います。

  今回の収録分はポッドキャスト登録からダウンロードもできますし、こちらからブラウザで再生することもできます。ちなみにTUF23の予想トークにも参加させていただきこれについては収録済、UFC200の予想トークにも参加予定なので、ぜひ聞いてみてください。

  以下、まとめです。

・・・続きを読む
posted by nao_mma_ymt at 13:49 | Comment(4) | 勝敗予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月12日

予想 「ファブリシオ・ヴェウドゥム VS スティペ・ミオシッチ」 UFC198



日本時間、5月15日(日)に行われるUFC 198 「ヴェウドゥム VS ミオシッチ」大会のメインイベントの勝敗予想です。


第12試合 ヘビー級 チャンピオン・シップ 5分5R
ファブリシオ・ヴェウドゥム VS スティペ・ミオシッチ

  ヘビー級では無二のグラップリングとフィジカルを生かした打撃を持つ王者ヴェウドゥム。ヴェラスケス最強のはクリンチ戦で敵を倒してきましたが、そのクリンチ戦において有効に戦い前王者を消耗させました。対するミオシッチは、優れたボクシングとレスリングを武器にドス・サントスを捕まえることはできずも、かなり追い詰めることに成功しています。また、その後のマーク・ハント戦では周到かつ容赦のない試合運びでハントを削り、TKO。オッズこそヴェウドゥムがフェイバリットも、そこまでの差はないでしょう。・・・続きを読む
posted by nao_mma_ymt at 10:03 | Comment(0) | 勝敗予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月07日

予想 UFC Fight Night 87 「オーフレイム VS アルロフスキー」大会



今週のUFC Fight Night 87 「オーフレイム VS アルロフスキー」大会の予想です。
  ※この大会のベット一覧の記事はこちら

日時 : 5月8日(日) 23:30 〜 /日本時間


第13試合 ヘビー級 5分5R
アリスター・オーフレイム VS アンドレイ・アルロフスキー


  前戦でジュニオール・ドス・サントスにKOで快勝のオーフレイムと、スティペ・ミオシッチにKO負けしてしまったアルロフスキー、ヘビー級屈指のストライカー同士の激突。前戦の結果が影響したであろう、オッズはオーフレイムが有利。・・・続きを読む
posted by nao_mma_ymt at 17:18 | Comment(4) | 勝敗予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月16日

予想 UFC on FOX 19 「テイシェイラ VS エヴァンス」大会



明日のUFC on FOX 19 「テイシェイラ VS エヴァンス」大会の予想です。

日時 : 4月17日(日) 05:00 〜 /日本時間

追記:第5試合でドリュー・ドーバーと対戦予定だったイスラン・マカチェフが禁止薬物に引っかかり欠場、試合は中止となります。ここから、開始時刻は5:30に繰り下げられるかと思われます。


第12試合 ライトヘビー級 5分5R
グローバー・テイシェイラ VS ラシャド・エヴァンス


  テイシェイラは2014年に王者ジョーンズへの挑戦に失敗し、続く復帰戦はフィル・デイヴィスのアウトボクシング&レスリングに敗北。しかしUFCではこの2敗のみで、パトリック・カミンズやライアン・ベイダー、オヴァンス・サンプレー戦を含む他戦は7勝を挙げている。
  対するエヴァンスは2005年よりUFCに参戦する古参。2014年〜2015年まで2年間の戦線離脱があるが、その前までのUFC戦績は14勝3敗と輝かしい。復帰戦は去年2015年10月の対ライアン・ベイダー戦だが、ベイダーの長いリーチに翻弄され完封負け。今回のオッズは2.7倍を超えるアンダードッグ。評価を落としている
・・・続きを読む
posted by nao_mma_ymt at 06:58 | Comment(0) | 勝敗予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月08日

予想 UFC Fight Night 86 「ドス・サントス VS ロスウェル」大会



今週のUFC Fight Night 86 「ドス・サントス VS ロスウェル」大会の予想です。

日時 : 4月10日(日) 23:30 〜 /日本時間


第13試合 ヘビー級 5分5R
ジュニオール・ドス・サントス VS ベン・ロスウェル


  ジョシュに完勝した好調ロスウェルに対し、アリスターに手が出ずKO負けの不調サントスと見られ、オッズはほぼイーブン
・・・続きを読む
posted by nao_mma_ymt at 17:42 | Comment(6) | 勝敗予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月03日

勝敗予想 UFC 196 「マクレガー VS ディアス」大会


勝敗予想 UFC 196 「マクレガー VS ディアス」大会



第12試合 ウェルター級 5分5R

コナー・マクレガー VS ネイト・ディアス


予想:コナー・マクレガー


マクレガーがライト級王者ハファエル・ドス・アンジョスに挑戦予定だったが、王者が負傷欠場。
代役はネイト・ディアスが抜擢。候補はアンソニー・ペティス。オファーはフェザー級元王者のジョゼ・アルドやフランキー・エドガーだったが、両者調整時間不足により辞退。

マクレガーは人気王者なので、機会は少ない。吟味して万全を期す方が良いだろう。

ネイトはライト級が主戦場だが、ショート・ノーティスのためキャッチ・ウェイトも考えられたが、マクレガーが「ウェルターで気持ち良く出てきてくれ」との一言でウェルター級マッチに。
フェザー級から12Kgの幅でウェイトアップするマクレガーのリスクは大きい。

それでは試合予想。


大まかな構図としては両者ストライカー。
ネイトは柔術も得意だが、テイクダウンされた場合ボトムからパッシブに発動されるので、本戦ではこれは作戦の主軸とならないと予想。

ネイトの追い足が遅い点などを考慮してもスクランブルに積極的にはならなそうだが、リーチで勝るディアスがこれを仕掛けるのは不可能ではないだろう。


注目点をストライキングの優位性に絞る。


まず両者の体格から比較しよう。(身長 / リーチ)

コナー・マクレガー : 176 cm / 188 cm
ネイト・ディアス  : 183 cm / 191 cm

以上より、ネイトが体格面で有利。
ストライカーであるマイケル・ジョンソンに対してもボクシングで距離を制し完勝。

ここから、マクレガーの長距離戦としてはボクシングではなくより射程距離の長い蹴りで応戦する可能性がある。
ただしこの長い距離でチンタラやりあう両者ではないので、結局は中距離程度のボクシング戦となっていくと予想。

ここで優位に立てる方がこの勝負の勝者になるのではないか。


ネイトのボクシングを考えた時、出入りやウィービング・パリングでディフェンシブに戦うタイプではない。
足を止めてじりじりと詰め寄り、相手の打撃が届かない距離から緩急をつけた打撃で相手を固めるもの。

ここの駆け引きは非常にうまい。

しかし、自分はこれがマクレガーに通用するようには思えない。
ネイトの強打をピックして強烈なカウンターを入れることができるのがマクレガー。

マクレガーのオフェンスに対してはネイトが効果的に迎撃するストライキングはないのではないか。
いかにリーチで勝ろうと、打撃レベルではマクレガーに追随するものはいないのではないか。

気になる点は、両者のタフネス、カーディオ。
ネイトのリーチが勝る点で最も気になるのはマクレガーの打撃のヒットが浅くなりそうな点。

打撃をさっさと深く当ててKOするか、少なくともネイトの戦力を徐々に削いでいかないと回を重ねるごとに体格の差は顕著になっていくはず。
のらくらとネイトが打撃の衝撃を逃しながら、気づけばマクレガーが攻め疲れて接戦、というのがいかにもありそうな懸念。


しかしあのKO率から、とにかくマクレガーの攻撃フェイズを維持しているという点はネイトにとってかなりのリスク。
自分の予想では早い回から打撃の技術差が表れて、マクレガーがKOすると思う。


-----------------------


第11試合 女子バンタム級

ホーリー・ホルム VS ミーシャ・テイト


予想:ホーリー・ホルム


まずロンダ・ラウジーを比較材料として、現状を整理したい。

打撃技術
ホルム > ミーシャ > ロンダ

スクランブル
ロンダ > ミーシャ ≧ ホルム

こんな感じだと思う。


自分の考えでは、ホルムがロンダのスクランブルを殺せたのは大きな打撃技術の差があったため。
先日のワンダーボーイ VS ヘンドリクスなんかが良い例。

ミーシャはホルムほどの打撃技術を持っていなかったため、ロンダに低いリスクでスクランブルに持ち込まれている。

ミーシャもホルムに対して打撃フェイズを維持しないだろうから、スクランブルを仕掛けていくと思う。
この場合、スクランブル自体はロンダの方が強力だとしても、打撃ではロンダよりもホルムに対して対抗できるだろうから、ミーシャがスクランブルと打撃の連携を生かせる可能性は大いにある。

ここから、ロンダよりもミーシャの方がホルムにとっては強敵なのではないか。

ここでホルムのスクランブルが弱いならまだしも、かなり体幹は強くテイクダウンはほとんどされたことがないので、寝かされる心配はそこまで大きくはない。
しかしミーシャがスクランブルを布石として打撃で効果的に進められれば、ホルムが消耗することは有り得る。

どれほどミーシャが連携戦術を取れるかに注目。

うまく出来なければ、ホルムのスクランブルに弾かれ、強力な打撃を浴びる事になりそう。
自分の予想では、ミーシャが善戦し、判定までいきそうな感じ。


-----------------------


第10試合 ライト・ヘビー級

イリル・ラティフィ VS ジャン・ヴィランテ


予想:ジャン・ヴィランテ


オッズは-130以下でラティフィ有利。
ラティフィ確かに良いパフォーマンスを見せているのだが、ヴィランテもより体格がよく力強い。

ヴィランテは打撃ディフェンスに少々難があるのだが、カーディオとスクランブルでラティフィが結構消耗する気がする。

ヴィランテは打撃のオフェンス自体は悪くなく、ラティフィも打撃オフェンスはいいが打撃ディフェンスは良くない。

総合力でヴィランテが勝つのではないか。


-----------------------


第9試合 ライト・ヘビー級

コリー・アンダーソン VS トム・ローラー


予想:コリー・アンダーソン


ローラーはパンチ力がありヴィランテをKOしているが、距離とレスリングでアンダーソンが勝るのは結構大きい。

ローラーにとっては厳しい戦いになると予想。



好きなスポーツに賭けてみたい。ブックメーカーを始めてみたい方はこちらから



登録方法はこちら
ブックメーカーについて詳しく知りたい方はこちら







posted by nao_mma_ymt at 05:32 | Comment(4) | 勝敗予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月25日

予想 UFC Fight Night 84 「シウバ VS ビスピン」大会

この大会のベット一覧についてはこちら


第13試合 ミドル級 5分5R
アンデウソン・シウバ VS マイケル・ビスピン

予想:アンデウソン・シウバ


元UFCミドル級王者、アンデウソン・シウバの登場。
シウバは前ニック・ディアス戦においてステロイドの使用が発覚し、1年の謹慎処分からの復帰戦。

対するビスピンは去年7月にターレス・レイチにスプリット判定勝利後の試合。


シウバ40歳、ビスピン36歳。両者全盛期を過ぎた印象も受ける。


特に40歳の超えたシウバのステロイド発覚後のパフォーマンスが非常に気になるところ。
それを差し引いても、シウバがストライカーに負ける姿が想像できないように思える。

ビスピンもメンタル含め非常に良い選手だが、シウバとは相性が悪いのではないか。

これまでにシウバに対して優位を発揮した選手は、勝利した前王者クリス・ワイドマン以外にチェール・ソネンのみ。
強力なレスリングで対抗するほかない。

ビスピンはその面では長距離のタックルを持っていないから、どう戦っても厳しいイメージしか思い浮かばない。


注目はとにかくシウバのパフォーマンス。
40歳を超えてどれほど戦えるのか。



第12試合 ミドル級
ゲガール・ムサシ VS ターレス・レイチ

予想:ゲガール・ムサシ


これも相性で、あらゆる局面でムサシが有利を保持しそう。
ムサシは打撃フェイズ、レスリングフェイズ、この両点に不安がない場合かなり強いパフォーマンスを発揮する選手。

レイチが打撃やレスリングで勝てる姿が自分には想像できない。
かなり大きめのベットを負担させることにした。



第11試合 ウェルター級
トム・ブリーズ VS 中村K太郎

予想:トム・ブリーズ


K太郎に頑張ってほしい気持ちがあるが、ブリーズは流石に厳しいのではないか。
ブリーズほどのボクシングを持つ選手と戦うとなると、レスリングが必須となる。

K太郎の打撃では組みつくことが難しいように思える。

ブリーズ190cmに対し、K太郎180cm。
組みついてもかなりの体格差がある。

スクランブルでブリーズがめちゃくちゃもろかったら、大アップセットもあり得るか。

自分には想像しにくいので、かなりオッズが悪いが大きなベットを負担させることにする。



第10試合 バンタム級
フランシスコ・リベラ VS ブラッド・ピケット

予想:フランシスコ・リベラ


リベラに大きな期待を寄せるのは、ユライア・フェイバーに対してリベラがかなり優位に戦ったからだ。
前回リネカーに強打を浴び散ってしまったが、評価を落としている気がする。

34歳という年齢がかなり気になるところだが、対するピケットも37歳。

カムスに対して打ち勝てなかったピケット、リベラとの打撃技術の差は大きいと思う。
フェイバーとピケットを比べても、レスリングではフェイバー。

自分はリベラにかなり大きな期待を寄せる予想となった。



−他

ライト級
ルスタン・ハビロフ VS ノーマン・パーク

予想:ノーマン・パーク


ハビロフは良い選手だが、パークは過小評価されていると思う。
負けるときは大体スプリット。

打撃技術ではかなり良いボクシングを持っているので、ハビロフの打撃を凌駕するのではという予想。

線が細い気もするが、スクランブルも良い。
オッズほど簡単にハビロフが勝てるとは思わない。


第5〜9試合

どっちが勝つか自分は全然予想できない。笑。
戦績などを見てまぁこっちだろうというものをピック。
ベット高を見てもそうだが、自信はない。


第1〜3試合

大体オッズが拮抗している。
これも知らない選手ばかりだが、身長や経験を重視して選んだ。

戦績を見てもオッズほど拮抗しているように見えなかったので、信頼度2でやや大胆にベット。



好きなスポーツに賭けてみたい。ブックメーカーを始めてみたい方はこちらから



登録方法はこちら
ブックメーカーについて詳しく知りたい方はこちら







posted by nao_mma_ymt at 09:10 | Comment(2) | 勝敗予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする