2017年03月07日

ベット結果 UFC 209 「ウッドリー vs トンプソン」大会



今なら$100のフリーベットが手に入る
ブックメーカーのはじめ方はこちら


3月5日(日)に開催されたUFC 209 「ウッドリー vs トンプソン」大会のベット結果をお知らせいたします。


収支報告
損益(本大会) :  + 5.45 unit
ROI(利益対投資) : + 26.69 %
ROC(資本利益率) : + 63.09 %



的中した主なベット
+ 8.10 unit : シンシア・カルビーヨ 1.869倍
+ 1.79 unit : タイロン・ウッドリー 2.283倍
+ 0.42 unit : イウリ・アルカンターラ 1.909倍

失中した主なベット
- 1.86 unit : マーク・ハント 2.150倍
- 1.86 unit : 第2試合 over 1.5 2.650倍
- 0.47 unit : モラレス × ベクティック × エヴァンス 3.000倍



以下、考察

  いわゆるカタいと言われるフェイバリットが負けたのと、メインの3つのアップセット、さらに多数の均衡オッズとなかなか難しい大会だったと思います。自分は11試合中5試合の的中でしたが、タポロジーの順位なんかは上位30%くらいには入ってたのを見ても。

  今回しっかり当てるべきだったと思ったベットは、マルチン・ティブラです。ここに関しては好みで冒険しすぎたかな、という印象です。

  また、クレイグに関しては前回クレイグの相手にベットして負けていたので、ペドロへのベットはリベンジの色が強く、大きくできませんでした。ここは巡りあわせの運です。クレイグのデビュー戦がペドロだったらより大きなベットになっていたと思います。当然オッズも違うでしょうが。

  また、カルビーヨのベットでやはりある程度自信を持たないと利益と勉強の機会を逃すなぁと実感しました。クーパー買い足してヘッジしなかっただけで褒めたかったですが、20uもちらついたので悔しくもあります。

  ベットで勝てていても、どれだけ強いインスピレーションがあっても、ギャンブルの負けは残酷だと理解しています。たまにネットで負けているのに超強気の自信家を見ますが、自分には理解できない考え方です。要は勝ったやつが一番偉いわけで、予想がはまろうがはまるまいが、的中率やROIだけがすべてです。例えば、「自信がない」と言おうがベット高がベッターの自信の全てです。

  自分はメンタルを正常に保つために、大きなベットに関しては常に結果の前に負けを受け入れる準備をしますし、利益を逃したり損を出した時はうまく行った点を探します。

  そういう面からみると、少し他人の強気とバンクロールの増加に当てられ、ちょっとビビってる感じがします。リスク管理の観点からは、損さえ出さなければ上出来という戒めは大事にしていますが。

  と、同時にMMAのベットに関しては今のうちに利益を出さない手はないという考えもあります。バンクロールのさらなる増加を狙う時期なので、ひとつのピックを大事に大きくベットしないととも思います。成績から見ても「大体当てられる」というピッカーではないので。しかし「この試合は当てられる」ということに今のところなってます。今後は分かりませんが。

  ギャンブルはいつも不安ですが、頑張ります。

ufc 209 bet after.jpg


  格闘技ほか、サッカーや野球など、スポーツの賭けに参加してみたい方は、「格闘技に賭ける」のバナーからブックメーカーへの登録が可能です。



  登録方法についてはこちらに記しておきました。
  ブックメーカーの説明から海外口座の開設方法まで、詳しく知りたい方はこちらからご覧ください。

  ほか、ブックメーカーの登録方法や記入方法などの不明点など、ご希望があったらできる限りお応えします。

posted by nao_mma_ymt at 17:05 | Comment(0) | ベットと結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。