2016年12月24日

予想 UFC 207 「ヌネス VS ラウジー」大会



今なら$100のフリーベットが手に入る
ブックメーカーのはじめ方はこちら


  12月31日(土)、8時30分頃より開催されるUFC 207 「ヌネス VS ラウジー」大会のベット一覧です。前座カードはUFC Fight Pass、Abema TVにて視聴可能です。メインカードは、UFC Fight Pass及びDAZNにて視聴可能です。

  コメイン、ドミニク・クルーズ VS コーディ・ガーブラントについては別記事でUP済です。


(挑戦者)ロンダ・ラウジー VS アマンダ・ヌネス(王者) pick

  ラウジーは1年前にホーリー・ホルムにKO負けしてからの復帰戦。その後ホルムはミーシャに逆転を許し王座陥落、続くシェフチェンコ戦はほぼフルマークの完敗。新王者ミーシャは、そのシェフチェンコとの好勝負を制したアマンダ・ヌネスにパンチをなすすべなく被弾しサブミッション負け。

  ここから、ミーシャが王者となったついこないだ、ラウジー、ホルム、ミーシャはトップ3と思われたが、その上にシェフチェンコとヌネスがいると解釈する方が自然。

  相性の問題ではないと思わせるのはとにかく打撃のレベル。相性や殴り方がうまいとか、そういうレベルでなくMMAの基本的な打撃としての考え方。ホルム、ミーシャは速度不足、ミーシャ、ラウジーはディフェンスが出来ない。

  そういう意味で相手をKOできるパワーと速度、確かなディフェンスを持つヌネスを相手にラウジーが組みつく余地はあるのか、組みつく前にパンチを放りこまれたとして、どのように対処するのだろうか。

  ラウジーが相手の首を抱えるか胴をクラッチすれば、どんな相手でも必ずテイクダウンできると思う。ヌネス相手にそこまで持っていくのは難しいと考える。よしんばその形に持って行けたとしても、投即殺となるだろうか。ヌネスにはラウジーに負けないパワーと運動能力がある。

  ヌネスにとって一番怖いのは、ラウジーが打撃を捨て、打撃を経由せず組みつく場合。またクリンチをはじいてもはじいてもクリンチをあきらめないこと。その時に消耗するのは流石に一流の柔道家であるラウジーではないと思う。ただでさえヌネスに体力の不安はある。

  打撃を捨てようという発想はそこまで難しくないように思えるが、なぜかチームがそういう選択をしないことは多い。ここまで潔くテイクダウンのみを狙う姿をもし見られるなら、勝利はもちろん例えラウジーが負けたとしても個人的には復帰を大歓迎できる。


pick ケイン・ヴェラスケス VS ファブリシオ・ベウドゥム

  ケインとファブリシオは打撃ではややケイン、理由は速度。ただしファブリシオが大きいし膝相撲が強いため、ケインが疲れる試合。打撃でやり切る覚悟があれば、3Rならケインが勝つだろうと思う。前回は高地とファブリシオを甘く見たケインに、ベウドゥムがきついお灸をすえたと見ている。準備が盤石であろうと、相手をなめると負ける。

  ケインは前に出て速いボクシングをすればいいと思う。問題はクリンチで、前回グラウンドを嫌がってテイクダウンせずクリンチを維持していたヴェラスケス。ただファブリシオの膝がうまかった。今回はテイクダウンしちゃってもいいと思う。相手が倒れたら自分だけ立てる時立っちゃえばいいし。


pick T.J.ディラショー VS ジョン・リネカー

  ディラショーとクルーズの攻撃力と防御力はほぼ一緒。攻撃力でディラショー、防御力でクルーズという感じ。そのディラショーがリネカーのプレッシャーに潰されることはないと思う。

  リネカーのようなプレッシャーファイターには、初段を効果的に当てることが最も大事。ディラショーはここは鬼のようにうまい。ローやジャブやストレートで翻弄しそう。また先を取ってリネカーが打ち返す時にはディラショーは射程圏内にいないだろうし、先を取るときにストップ&ゴーでフェイントも掛けてくる。

  リネカーはディラショーを押し切れるだろうか。


pick ニール・マグニー VS ジョニー・ヘンドリクス

  ヘンドリクスは足が遅くてもう最近のMMAにはついていけないんじゃないだろうか。ヘンドリクスはスタンディングでは勝てないだろうし、またテイクダウンでコントロールするにも手足が長くましてや3Rならガステラムへ完勝してたであろうマグニーはきつい印象。GSPやローラーとやってころとはもう違う選手なんじゃないだろうか。


キム・ドンヒョン VS タレック・サフィジーヌ pick


  ドンヒョンはDEEPで戦っていた頃、打撃もものすごいうまい選手だと思っていたけど、最近はバークマンにもやや遅れをとるほど。サフィジーヌはリック・ストーリーに対し効果的にアウトファイトしていた。スタンディングならサフィジーヌ、ドンヒョンが勝つならどうしてもテイクダウンしたいところだが、サフィジーヌのテイクダウンディフェンスが勝るのではないかと予想。結構ドンヒョンの被弾も多くなりそう。


pick ルイス・スモルカ VS レイ・ボーグ

  グラップリングマッチ。スモルカのグラップリングはすごく強いと思ってる。モロノに極められたけど。これでボーグに負けたら考え直す。


pick ティム・ミーンズ VS アレックス・オリヴェイラ

  アレックスのワイルドな打撃はミーンズの速く強いボクシングと相性最悪だと考える。ここ数試合テイクダウンディフェンスとエスケープで良い動きを見せているミーンズ。テイクダウンではオリヴェイラだが、ミーンズが短時間で抜け出し、スタンディングで前に出続けた場合オリヴェイラが先に消耗すると考える。


  格闘技ほか、サッカーや野球など、スポーツの賭けに参加してみたい方は、「格闘技に賭ける」のバナーからブックメーカーへの登録が可能です。



  登録方法についてはこちらに記しておきました。
  ブックメーカーの説明から海外口座の開設方法まで、詳しく知りたい方はこちらからご覧ください。

  ほか、ブックメーカーの登録方法や記入方法などの不明点など、ご希望があったらできる限りお応えします。


posted by nao_mma_ymt at 09:58 | Comment(4) | 勝敗予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
王座戦は悩ましいですね。正直あまり予想したくないです。置きに行ったつもりはないのですが、自分はどちらもフェイバリット予想ですね……。実績を取った形になるでしょうか。

クルーズを予想したからにはもうポイントアウトしてくれるものと思っております。TDからポジションを取れるとは思いませんが、基本的にタックルから五分以上のスクランブルになればクルーズのスタイルは機能するという認識なので、それは可能なんじゃないかなという感じですね。ガーブラントがどういう作戦を立ててくるかは分かりませんが、腹を括ってプレッシャーを掛けるというよりはある程度クルーズの試合に付き合っちゃうんじゃないかと思います。
ヒリヒリした試合が見れることを期待しています。

ロンダに関しては直感的にまずいけるというものがあったんですが、徐々に不安になってきました。まともな戦略さえ立てれば結構勝率はあると思ってるんですが……。変なところだと、ヌネスは一応柔道やってたらしいので気持ちに多少は余裕があるかもしれませんね。明確なアウトボクシング、打撃でダメージを与えることなどが出来ず、クリンチで消耗したヌネスの一本負けか判定負けという予想です。

ケインの試合も楽しみにしていたんですが欠場ということで……。リベンジが見たかった。残念です。
Posted by スコットコーカー at 2016年12月25日 13:02

>スコットコーカーさん

メインコメインは自分スコットコーカーさんと逆ですか。怖いですね。笑。

クリンチが五分以上になればクルーズのスタイルが機能するというのは確かに、という感じがします。ディラショーに対しても最後までタックルは選択していましたし。

クルーズの試合に付き合いそうですね。よく見て間合いもどちらかと言えばしっかり目に取ることもありますからねガーブラント。

ヌネス消耗はロンダ陣営が考えない戦略ではないですよね。ロンダが今までフィジカルと柔道に頼ってたツケを一発で解消できるか分からないんですが、仕上がり良いですし、スパーリングをガンガンしてるなら当然ですよね。

判定はあまりないと思いますが、判定なら確実にロンダ有利ですね。

ケインはちょっといい加減にしてほしいというのが本音です。笑。
Posted by nao_mma_ymt at 2016年12月27日 11:12
メインはさすがにロンダは自爆ものの特攻アタックをするとは思えない、
ロンダが見にまわるならアマンダもテイクダウンリスクを無視した展開にはならない。
オッズからいくと1.5オーバーがいいとは思います。
コメインは単純にダメージを与えることができるガーブランドが
当て逃げのクルーズを上回ると思います。
怖いのは打撃との二択からくる不意打ちタックルのほうでないかと思います。
ただけしてキープもよくないし、
逆にクルーズもこだわってないように見えますが、
ガーブランドのスクランブルと対応能力しだいですかね?
1Rガーブランドがとるようなら逆転はないと思います。
ドンヒョンは首怪我したとこいっていたから
サフィジーヌ優勢でないですか?
バークマンに危うい感じだと
サフィジーヌの打撃では崩されそうな気がします。
サフィジーヌはドンヒョンの攻撃に負けずにどんどんパンチをまとめたがいいと思う。
オリベイラは陽気なナイスガイだと思ったらブラジル人らしい図々しさももっている。
カウボーイ同様またもやショートスパンでの登場自信があるのか不気味な存在。
Posted by ババルソブラル at 2016年12月29日 11:12
>ババルソブラルさん

オーバー1.5良いかも知れないですね。ただロンダが慎重に行ったとしてもアマンダの攻撃さばききれますかね。いや、1.5くらいだったらさばききれそうですね。笑。ツイートしましたが、アマンダの勝利にベットしすぎたので、ラウジー3R15倍のプロップに保険掛けておきました。

ババルソブラルさんはガーブラント予想ですか。心強いですね。確かに1Rガーブラントが取ったらあとは何ラウンドにKOするか、みたいになるんでしょうか。クルーズが対応してくるっていうのはどうなんでしょう。被弾でリズム悪くなると戦術回らなくなりますからね。

ドンヒョン怪我しちゃったんですか? それなら確かにサフィジーヌ予想により説得力が出てきた感じします。サフィジーヌのローはえぐいですからね。ドンヒョン前に出た方がいいですよね! そしたら楽しい試合になりそうです。

オリベイラ図々しかったですねー。。。
結構いつも自信ありますよね彼。ミーンズは強いですが、あんまりテイクダウンディフェンスよくないのが気になります。
Posted by nao_mma_ymt at 2016年12月29日 13:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。