2016年12月13日

予想 UFC on FOX 22 「ヴァンザント VS ウォーターソン」大会



今なら$100のフリーベットが手に入る


  12月18日(日)、5時30分頃より開催されるUFC on FOX 22 「ヴァンザント VS ウォーターソン」大会の勝敗予想です。前座カード、メインカードはUFC Fight Passにて視聴可能です。


ペイジ・ヴァンザント VS ミシェル・ウォーターソン pick

  グラウンドでウォーターソン、またグラウンド戦に突入すると思ったので。ヴァンザントはパワーに不安がある印象、ウォーターソンの打撃が圧倒的に劣っている印象もなければ、スタンディングをヴァンザントが維持できると思わない。ウォーターソンがキックキャッチでればOK。


ミッキー・ガル VS セージ・ノースカット pick

  単純にパンクにしか勝っていない選手が身体能力の高いノースカットにフェイバリットはないな、と思ったため。ノースカットがグラウンダーに弱い印象があるのかも。自分から殴ってテイクダウンしていけばいいんじゃない?


pick ユライア・フェイバー VS ブラッド・ピケット

  レスリングではフェイバー。パンチの距離でもフェイバーで、ピケットはインサイドでのハード・パンチが上。両者年齢だけど、ハードパンチャーのピケットの方が機動型のフェイバーより加齢の影響が少ないと判断。ちょっと前までならフェイバーに大きくベットしてもよかったけど、ちょっと様子見。


マイク・ペリー VS アラン・ジョーバン pick

  ジョーバンはムハマッド戦でカウンターで押し返せない場合ハードパンチのないムハマッドにも押されていたので、ペリー相手だと強打で止まらなければ前戦の再現になる可能性。ただしペリーのディフェンスもよくなく、大きく被弾する可能性が高い。ダニー・ロバーツもペリーをKOできなかったが、さすがにあれは打たれすぎ。被弾しながらもプレッシャーさえ掛けていれば強打者ペリーの勝利の可能性はある。ロバーツはボクシングがうまいのでペリーからきっちりカウンターがとれたが、ジョーバンはどうだろう。やはり少々不安。


pick ルイス・エンリケ・ダ・シウバ VS ポール・クレイグ

  無敗対決。クレイグはUFCデビューのグラップラー、サブミッション勝利がほとんど。しかしパンチの時顎があがってガンガン被弾しそう。タックルもなく、近い距離でシングルやダブルレッグを狙うタイプ。タイミングがうまくないか、テイクダウントライは非常に少ない。しかしテイクダウン自体はうまいよう。スタミナがよく序盤でトップを取られても後半盛り返して極めることも。

  ただしパワーが強いという印象ではないので、パワーが強くタフネスとスタミナのある強打者シウバに対してはスタンディングでもクリンチでも展開は作れなさそう。テイクダウンさえすれば、という感じだが、シウバのグラウンドがザルというわけでもない。フィジカルの差がでそう。


廣田瑞人 VS コール・ミラー pick

  さすがに廣田の実績が少ない気が。ミラーにはリーチと確かなグラウンドがあるので、これを駆使されるとラウンド経過ごとにきつくなりそう。


pick コルビー・コビントン VS ブライアン・バルベリーナ

  最近のコビーがかなりコンプリートな印象。打撃、レスリング、グラウンドでそうそう負けないと思う。バルベリーナはボトムからグラウンドトップを取るであろうコビーを嫌がらせることができたら第一歩。そしたら打撃でも多少圧せるし、テイクダウンでトップを取れる可能性もあるか。コビーがまた相手を圧倒しそう。


pick アレックス・モロノ VS ジェームス・ムーンタスリ

  実質ノークに負けていたモロノ。グラウンドの上手いノークには結局スタンディングバウトになったけど、テイクダウンと強打のプレッシャーで攻めるならタスリのようなストライカーにとっては嫌な相手だと思う。モロノのキックへの対応がポイントだが、タスリが器用にアウトボクシングしながらきっちりテイクダウンディフェンスできるとは思えない。


pick ジョシュ・エメット VS スコット・ホルツマン

  ロー、パンチ、とサークリングでスタンディングはエメット。ホルツマンはとにかくテイクダウンのプレッシャーで攻めるしかない。ホルツマンは遠い距離からのダブルレッグがないので近づいてクリンチだけど、エメットのパンチはハードで速い。しかも機動するし捕まえても体が強い。エメットがスタンディングを維持してかなりの優勢でポイントアウトすると予想。


イリーネ・アルダナ VS レスリー・スミス pick

  スミス3.500倍のオッズはないなー、と思う。アルダナは7勝(5KO 2SUB)2敗でUFCデビュー。なかなかいい戦績だが、実際には打撃がうまいわけでもグラウンドがうまいわけでもない。ハートが強く、ちょっとずつ下がりながらテイクダウンされたり、ボトムにしかれたり、腕を極められながら、どうにか勝ってきたという印象を受けた。ローはそこそこ打つ感じ。クリンチも強くなく、パンチディフェンスもよくない。

  スミスはパンチの速度はないが、シーザージムらしくリーチの長いボクシングと、良いグラウンドを持っている。グラウンドではスミスだと思うが、アルダナがどうスタンディングを維持し続けるのかちょっと分からない。むしろ下がるタイプなのでスミスのボクシングと相性が悪いと思う。

  過去試合をチェックしただけなので、これでもスミスのベット高を下げたほど。本当は1uほど行きたいところだが、とにかくリアルタイムで見たこともない試合は「見」。思いっきり外すことも少なくないので。(苦


pick エディ・ワインランド VS 水垣偉弥

  水垣のオッズが高すぎると思ったけど、水垣は器用な出入りで戦うタイプ。ここは結構ワインランドの土俵じゃないかなと思う。とりあえずアンダー1.5はないなと思った。

  格闘技ほか、サッカーや野球など、スポーツの賭けに参加してみたい方は、「格闘技に賭ける」のバナーからブックメーカーへの登録が可能です。



  登録方法についてはこちらに記しておきました。
  ブックメーカーの説明から海外口座の開設方法まで、詳しく知りたい方はこちらからご覧ください。

  ほか、ブックメーカーの登録方法や記入方法の不明な点、ご希望があったらできる限りお応えします。


posted by nao_mma_ymt at 21:51 | Comment(4) | 勝敗予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
カードが弱い割にヒキはそこそこ、という奇妙な大会ですね。日本人ファイターも出ることですし割と楽しく見れちゃうんじゃないかと思ってます。

メインとセミに関しては、自分はHYPE組のセイジとペイジですかね。別に評価していないんですが、逆を行く理由もあまりないので……。日本の二人は一勝一敗になるんじゃないかなと思ってます。これも無根拠です。
Posted by スコットコーカー at 2016年12月16日 07:09
>スコットコーカーさん

カードが弱くて試合に興味持てないと予想掘り下げられませんね。笑。
私もノースカットにはすごく期待しています。柔術の練習頑張っているでしょうか。ペイジはいまいち実力が計りにくいです、ノースカットもそうですが華のある選手ですよね。

廣田はUFCでの実力がちょっとわかりにくいので完勝でもしてくれればすごく期待がもてますよね。
水垣は最後の試合を仄めかしているのでパフォーマンスが心配です。

あと以外とプレリミのベリチコビッチやサンドバルは前戦で期待させるものがあったので結構1試合目から楽しみです。
Posted by nao_mma_ymt at 2016年12月16日 10:36
ノースカットはまだまだ試合の組み立て能力が微妙ですね
運動神経はなかなかのものだがつまらないミスでグランドに引き込まれそのまま嫌な展開とかされると
かけている側としては思い切り後悔しそうな感じですし
こういう試合はパスがいいんだろうか。
Posted by ババル at 2016年12月17日 19:16
>ババルさん

フェイバリットなら嫌かもしれませんね〜
ノースカットのグラウンドや組み立て確かに危なっかしいです
ただアンダードッグってのがいいですね。
Posted by nao at 2016年12月18日 08:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]