2016年08月11日

オッズ紹介 UFC 202 「ディアス VS マクレガー 2」大会




8月21日(日)に行われるUFC202「ディアス VS マクレガー 2」大会における、全カードのオッズがピナクルにてはや出ていましたので紹介。

UFC202 odds.jpg


  マクレガーのオッズは1.7台から高騰。前回ラッキーパンチでも接戦でもなく、ネイトの完勝だったためマクレガーのオッズがまだフェイバリットなことが不思議なほど。それほど人気の高い選手ということだが、人気のありすぎる選手のオッズは常に良くない。

  マグニーは常にアンダードッグやイーブンを勝ち抜いてきており、なかなか大きなフェイバリットにならず。それもそのはず、相手はラーキン。それでもマグニーのオッズがもう少し下がりそうか。

  マクレガーのスパーリングパートナーであるロボフはフェイバリットになることが多い。しかし、リーチが短い上にスクランブルをうまくはじけないため、常に自分のゲームをできておらず敗北を喫している。今回はどうだ。

  ウェルター級3戦目のセラーニは前回圧倒的なパフォーマンスを見せながらこのオッズ。どれほどストーリーが強敵なのかを感じさせる。ストライカーとしての圧力はストーリーにあるので、セラーニの苦手なタイプに見える。

  またライアン・ベイダーに圧勝したアンソニー・ジョンソンも、絶好調のテイシェイラにはこのオッズ。テイシェイラが勝利した相手がカミンズ、エヴァンスと、現在のトップとしては多少見劣りもするが、こちらもパフォーマンスが圧倒的だった。ジョンソンの圧力に真っ向からぶつかれるのもテイシェイラ、ここで問われるのはジョンソンが防御に回ったときの立ち回りか。


  格闘技ほか、サッカーや野球など、スポーツの賭けに参加してみたい方は、「格闘技に賭ける」のバナーからブックメーカーへの登録が可能です。


  登録方法についてはこちらに記しておきました。
  ブックメーカーの説明から海外口座の開設方法まで、詳しく知りたい方はこちらからご覧ください。

  ほか、ブックメーカーの登録方法や記入方法から当ブログで使っているベッティング・シート(エクセル)の配布まで、細かい疑問・不明な点、ご希望があったらできる限りお応えします。こちらのメールアドレスまでお問合せを下さい。お気軽にどうぞ。
posted by nao_mma_ymt at 10:11 | Comment(0) | ニュース(ベット関連) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]