2016年04月08日

マウリシオ・ショーグン、ネット批評家について命名 「キーボード・ファイター」



5月14日に、UFC 198でコリー・アンダーソンと対戦する、元UFCライトヘビー級王者マウリシオ・ショーグンが、Combateにおいてこんなことを語っていたとMMA MANIAが報じました。

基本的にはうるさいファンに寡黙なショーグンですが、今回は少し溜まった鬱憤を吐き出したようです。

応援してくれるファンであることを理解しているため、彼らについて愛嬌のある呼び名をつけてあげているようです。


以下、訳文。


これはMMAの成長の代償だね。

とにかく批評をしたがるうっとうしいヤツらがたくさん出てきた。


ポルノを例に出してみようかな。
一般論じゃないよ、こういうファンはほんの少しだと思うし。

ただ、ネットで悪口を言い続けるのが好きなヤツがいるんだよ。


経験のない男みたいだよね、人生でほとんどビデオしか見たこと無いような。
それなのに突然自分がポルノスターみたいにうまくこなせると思っている。


MMAでも同じ。
ほとんどのファンは応援してくれるよ。

あいつらはファンでもあり、君(インタビュアー)のようでもあり、アスリートのようでもあるね。


ブラジル人のファンは結果のファンなんだよね。

あいつらみたいな少数のファンに例を挙げたんだ。
彼らはただのウブなヤツらだからさ。一日中ポルノを見て、プロみたいにできると思っているだけ。


一言でいうと、キーボード・ファイターだよ。



こういうネーミングセンスを見ると、ショーグンのおおらかな人柄が見てとれると思います。

今度の相手はレスリング&ボクシングで期待のプロスペクト、コーリー・アンダーソンです。
連勝中で強力なスタイルですが、トップ戦線にいよいよ本格参入という感じで、我らがショーグンが迎え撃つこととなりました。

7月のビッグ・イベント、UFC 200へ向けて4月から大会数がかなり多くなってきたので、UFCファンにとって楽しい時期となってきましたね。



好きなスポーツに賭けてみたい。ブックメーカーを始めてみたい方はこちらから



登録方法はこちら
ブックメーカーについて詳しく知りたい方はこちら







posted by nao_mma_ymt at 05:34 | Comment(0) | ニュース(格闘技関連) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。