2015年08月12日

UFCブックメーカー フェイバリットとアンダードッグの波を読む データ解析

UFC興行のオッズデータと、フェイバリット(倍率の低い方)−アンダードッグ(倍率の高い方)の勝率を採っております。

期間は2014年10月からですが、大会第一試合からすべて採ったのは12月のFOX13からです。
そのあとは、同月のTUF20を除き今日まで、すべてのオッズデータと勝率を採ってあります。

このデータは、フェイバリットやアンダードッグ、一方にポイント(資金)をベットしつづけた場合、どれほどのポイント(資金)が戻ってくるかを調べたものです。回収期待値と名付けますが、これは、フェイバリットあるいはアンダードッグにベットした場合大体どれくらいポイント(資金)が返ってくるだろうという指標となります。

今回は、その大会ごとの回収率の推移をグラフにしてみました。勝率も一緒に載せております

オッズ推移表.jpg


回収率が良いのが大体アンダードッグですね。
勝率に関しては当然フェイバリットが良いのですが、アンダードッグは倍率が良いので回収率が高くなります。

大体データが落ち着くのが、UFC184以降ですね。
それを踏まえて表にマーカーを入れてみます。

オッズ推移表 マーク.jpg

左の青い枠は、まだデータサンプルが少ないため回収率が激しく上下しています。
ここを無視しましょう。

アンダードッグの多数の勝利により、跳ね上がったアンダードッグの回収率は、フェイバリットがどんどん勝ったために徐々に下がっていきます。対するフェイバリットの回収率は徐々に上がっていきます。

UFC186において、だいたいフェイバリットとアンダードッグの回収率が一致するほどに上下します。

次のUFC65でアンダードッグが多数勝利し、それ以降また徐々にフェイバリットが勝ち始めます。
同じようにフェイバリットの回収率が徐々に上がり、アンダードッグの回収率が徐々にさがると、今度はUFN67の大会において両方の回収率が非常に近づきます。

ここを臨界点とし、またすぐにアンダードッグが勝ち、アンダードッグの回収率が跳ね上がります。
今度はアンダードッグとフェイバリットの回収率は維持されますが、UFN71頃からまたフェイバリットが勝ち始めていますね。

さて、次の臨界点を探るのですが、赤マルで示した過去の臨界点を探るあたり、そろそろ来てもおかしくないような気がします。毎回言ってますが。笑

当然過去のデータは過去のものなので、このままどんどんフェイバリットが勝ち続け、フェイバリットの回収率が100%を超えることもあり得るでしょう。

まだ1年にも満たないデータなので、実験的にどんどんサンプルを取って検証していきたいと思います。

それでは!



好きなスポーツに賭けてみたい。ブックメーカーを始めてみたい方はこちらから



登録方法はこちら
ブックメーカーについて詳しく知りたい方はこちら







posted by nao_mma_ymt at 09:19 | Comment(0) | コラム(オッズ解析など) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。